« OpenFXのバージョンがあがっています | トップページ | 古いPCを動かしたけれど… »

2015年3月22日 (日)

HP:ユーティリティの更新をしました

アルゴ算法堂のHP >お楽しみプログラム のユーティリティ/共通ライブラリを更新しました。

 標準コマンドのアップデートはわずかですが、MIDI関係のコマンドの改善と追加をしました。共通ライブラリでは、TSEXPRという埋め込み式に、MIDI関係の関数、バイナリ関係の関数の強化をしてあります。

 MIDI関係の新しいコマンドは、SYXPLAY.EXEとMML2Q1.EXEです、

 SYXPLAY.EXEはTSEXPRで記述してSYXの入出力を行うものです。次の例は、KORGの05R/WのPROGRAMを取り出す例です。

syxplay ## -x -eUA-25EX -iUA-25EX -otempprog.syx
<<
??syx:=hex2bin('f0 42 30 36 10 f7');??out:=??syx;

end

 MML2Q1.EXEはMSDOS時代に作った、MMLコンパイラをユーティリティシステムに合わせて移植したものです。テキストエディタで書いてコンパイルして、Q1/P1形式に変換します。P1形式の曲データはPLAYP1.EXEで演奏できます。

|

« OpenFXのバージョンがあがっています | トップページ | 古いPCを動かしたけれど… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OpenFXのバージョンがあがっています | トップページ | 古いPCを動かしたけれど… »